article_image
interview

紙の雑誌は、曖昧さをゆるす装置 第0回 書店員 山下優|「綴じるをはじめる」

SHARE:
URLをコピーしました


「KOMOREBI」を紙の雑誌にする。

そう思いついたとき、最初に頭に浮かんだのが青山ブックセンター(以下:ABC)店長の山下優さんだった。

彼に相談するとこんな答えが返ってきた。

「せっかくつくるのであれば、『今、紙の雑誌をつくる意味』について、いろんな人に話を聞き、改めて考えながら、つくってみたい」

この連載は「KOMOREBI」にとっても新しいはじまりであり、山下さんにとっても新しいはじまりだ。

連載名は「綴じるをはじめる」。

第0回、山下さんが書店員、また一読者の視点から考える「雑誌の価値」について。

世界は、離ればなれになってしまった




——今回は、企画にご協力いただきありがとうございます。以前KOMOREBIでお話を伺って以来、一緒にお仕事ができたら、と思っていたので嬉しいです。

こちらこそ、ありがとうございます。

——そもそも、なぜ山下さんは「今、紙の雑誌をつくる意味」を考えたいと思ったのでしょうか。

大きく二つあって。一つは、雑誌のあり方の変化ですね。今、様々な理由から雑誌の数が減っていっています。その中で、雑誌の構成要素が変わっているな、と一読者として感じ始めました。

——というと?

例えば、カタログのようなページが多くなったと思います。もちろん、広告費を主としたビジネスモデルゆえだとは理解しています。でも、カタログの要素が強くなったことに寂しさを感じるんです。

個人的に雑誌の価値は、その名の通り雑多なものが、あるコンセプトの元に情報が編まれていることだと思っていて。どうしたらその状態におもしろく再構築できるか考えたいんです。

——つまり、雑誌が雑誌らしくあるための新しいビジネスモデルを見つけたいと。

そうですね。

もう一つが、ウェブメディアやSNSの台頭です。改めて言うまでもないですが、今の時代、自分が欲しいと思っている情報はほとんど探せますし、レコメンデーション機能により情報の取捨選択のコストが下がったり、失敗することも少なくなりました。



それでは、目的外の情報も含まれている紙の雑誌が存在する意味とは、何なのでしょうか。もしかしたら、自分の欲しい情報だけを得られている環境というのは必ずしも良いことだとは限らないのではないでしょうか。そう思うようになりました。

時代が変化している中、紙の雑誌が持っている価値を改めて考えてみることで、情報を自分なりにどう編集していくのかについて、新しい視点を得られるのではないかと思ったんです。


ふいの出会いがつくる、無意識の意識化


——雑誌のカタログ化とインターネットが後押しした、「欲しい情報ばかりが集まりやすい状況」を山下さんはどう捉えていますか?

自分とは離れた立場の人の意見や白黒はっきりしていない意見をはっきりしていないまま受け入れづらくなっているのでは、と思っています。

——どんなときにそれを感じるんですか?

インターネットでセンセーショナルなものや白黒はっきりしている見出しの記事を見たときですね、PVやリツイートを稼ごうと思うと、そうした記事に頼らざるを得ないのはわかりつつも、違和感を覚えます。中には、トレンドに入っているけれど、ソースがわからない情報もあったりします。



また、発信するときも、自分の立場を白黒はっきりさせないといけないという空気がある気がしていています。僕自身もそうした引力に引っ張られることがある。

でも、人は全ての事柄をはっきりと白黒で分けられる存在ではないはず。人の持つ多様性を受け入れる観点から考えると、いろんな考えが一つのコンセプトの元に集まっている雑誌という媒体は、今の時代にとても価値があると思っているんです。

——例えば、雑誌のどんな側面が曖昧さを受け入れやすくすると考えていますか。

雑誌って、ふいの出会いがありますよね。元々は一つの特集が目当てで買ったのに、せっかくだからと読んでいるうちに別の情報に惹かれたりする。たまたま開いたページに自分が普段なんとなく考えていたことが言語化されていたり、考えもしなかったような意見が載っていることもあります。

僕自身、新聞もまだ紙で読んでいるような人間なのですが、それはオンラインだとどうしても自分が見たいものしか目に入らなくなる気がするんです。何回か電子版でも読んでみようと試したことがあるのですが、クリックするものって限られてしまうなと。

ページに書かれている情報がパッと目に飛び込んでくるサイズ感であることも、いろんな情報に触れられるという雑誌の特性をサポートしているのではないか、と思います。

世界がつながると、幸せも増える


——前回のインタビュー含め、山下さんのお話を聞いていると、何かと何かが分断されてしまうことに対して、人一倍思うところがある気がします。

完全に職業病だと思います。書店員ってあらゆるもののつながりを考えるんですよ。社会の状況と本の売れ行きがリンクしているからなんですね。例えば、コロナの影響で旅行雑誌が前に比べて売れなくなったとか。



書店員は特定のジャンルのプロではありません。お客さんの方が圧倒的に詳しいこともある。だから、本の並び一つとってもお客さんの持っている世界をどう横に広げられるのかをいつも考えているわけです。

——世界が広がっていくことが、人の幸せにつながる、と信じているんですね。

自分自身がそうだったので、それは強く思いますね。学生の頃、ファッションに夢中で、バイト代をほぼ全て服に費やしてたんですね。だから、スタイリングを参考にしたくて、ファッション雑誌をよく買っていました。

あるとき、とあるスタイリストが「Tシャツを一枚我慢してでも、音楽や本を買った方が良い」ってインタビューか何かで述べていて。なんでかよくわからなかったんですが、その言葉の通りに、音楽や本にもお金を使うようにしていったんです。そしたら、違うジャンルの視点が自分の中に増えたことで、ファッションの見え方も変わりました。あのスタイリストが言いたかったのはこれだったのかと。



雑誌を通して、ふいに世界が広がっていくのも良いという価値観が形成されました。そうした経験も雑誌の価値を考えたい理由の一つかもしれません。

今、問いたいこと、綴じたいこと


——これから雑誌に携わるいろんな人に話を聞く予定です。どんな話を聞いてみたいですか?

雑誌を残し続けていくための仕組みは知りたいですね。継続するための方法は一つじゃないと思うので。雑誌をつくり続けてきたからこそ感じる良さやしがらみも聞きたいです。それに加えて、何の制約もなかったらどんな雑誌をつくりたいか。また、紙の雑誌以外で、雑誌的な体験を提供するならどうするか。そんなことを聞いてみたいですね。



——最後にこの連載の抱負を教えてください。

雑誌に限らず、紙の本は書店と同じでずっと斜陽産業だからもうダメだと言われ続けてきたものだと思うんですよ。でも、絶対に残り続けるためにやりようはあると思っていて。この連載を通じて、今の時代だからこその雑誌の価値、ひいては紙の本の価値を見つけていきたいですね。




POSTED

2021-04-18

CATEGORY

interview