article_image
essay

アム・アイ・レディ?運命に飲み込まれる準備はできているか

SHARE:
URLをコピーしました

物心ついたときからあがり症で、ここぞというときに力を出しきれない。今回もそう、胸に手を当てなくてもわかる心臓の音。深呼吸しても鳴り止まない心音に不安を抱えながら舞台に立つと、ガチガチに上擦った声がレッスン場に響いた。不思議そうな顔をした先生と目が合う。あ…またうまくいかなかった。

女優である私は、一つひとつのオーディションをものにしていかなきゃいけない。だって、それがお仕事だし、夢への階段だ。なのに、できない、情けない。レッスンが終わり、衣装と映像機材の詰まったキャリーケースを引いて家までの道を歩き出したとき、とつぜんぽっかりと目の前に穴が空いたような気がして、 足を踏み出せなくなってしまった。—準備の仕方が悪かったのだろうか、どうやったらもっと役に人間を出せたのだろうか、どうやったらもっと魅力的にシーンを作れたのだろうか。—落ち込んでも仕方ねぇんだよ、そんなこと分かってる。でも、涙は止まってくれなかった。



…あれ、この感じ。なんかどこかで、知っている気がする。そうだ、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』のワンシーン。配偶者も住むところも働くところも失った主人公の七海が、ただただ続く一本道をさまよう場面。 

「ここはどこだろう。ここ、どこですか?自分が、今、どこにいるのか分からないんですけど。どうしたらいいですか。私、どこへ行けばいいですか?」

おこがましいのだが、ぐずる子どものように泣きじゃくって歩く彼女のすがたが自分と重なった。そういえば、彼女もこうやってキャリーケースを引きずって歩いていた。そうやって私もさまよいつづけるのだろうかーー、不安があたまの片隅によぎった。



物語のなかで、七海は非常勤講師として勤める学校の生徒からは“いじめ”を受け、マッチングサイトで見つけて結婚した相手の義母からは浮気を疑われ、ついには職場も配偶者も家も失ってしまう。路頭に迷った七海は、ある日「住み込みで100万円」という文句につられ、ある洋館でメイドとして働きはじめる。

当初、劇中での七海という女性は、ただ周囲にゆらゆらと流される人に見えた。むしろ、自分の人生を大きく変えられるほどの逆境にあっても、仕方ないと受け入れるばかりの態度に少しいらいらした。どうしてそんな平然といられるの?

…あれ、もしかして。なんども観るうちに、ふと違った考えが生まれた。七海は、突然の通り雨のように降ってきた運命という舞台に飛び込む覚悟ができているのかもしれない、と。私だったら、きっと人生に恨み節を言っているような状況。でも、七海は安ホテルで働き口を見つけたり、館の住み込みバイトで共に働くメイドと友達以上の関係になったりと、運命によってたどり着いた先で自分の場所を作っていく。その姿はまるで命綱を付けずに身一つで、あちらこちらの高台を渡り歩くサーカスのバレリーナのようで、繊細で危うい。だけど、潔い。私は、どの場所でも飾らずにありのままで生きる七海を格好いいと思った。



私は、今、運命に飛び込めるだろうか。その機会は七海の人生と同じく思いがけなく降ってくるらしい。「本日オーディションです」、「明日面接にきてください」。十分な準備をする間も無く、自分を見てもらう機会が次々と訪れる。もちろん、それはありがたいことで、ここで作り手さんの目に留まりたい、誰しもがその可能性にかけて臨む。格好つけしいの私は、ドクドクいう止まらない心音を抱えて、張り付いた笑顔で背伸びした自分を演じていた。そんな付け焼き刃はプロの審美眼によってすぐにばれ、選ばれるのはいつだって“ありのままでいる人”だった。

思い返してみると、オーディションというわかりやすい舞台だけではなく、過去にもチャンスの種は転がっていた。学生時代、先生に意見を求められたとき、就職の面接のとき…。一つひとつはチャンスとも言えるかどうか分からない小さなことだ。でも、チャンスって小さなことが数珠つなぎにできていくものだったりする。乗り気でない飲み会に顔を出したら、たまたま気の合う人と出会い、思ってもいなかった仕事を頂いた、なんてこともあった。実は、いろんなチャンスの種が私の周りに転がっていたのに、私は見ないフリをしたり気づけていなかったりした。それらは音もなくしれっとやってきて、「ようい、ドン!」と突然運命のピストルを鳴らす。そのとき、一歩目を躊躇なく踏出せるかどうか、それは毎日の生き方次第なんじゃないか。



「毎日の生き方から変えていくしかない」
はあ、たくさんの失敗を経て、ようやくわかってきた。背伸びしてしまうのは、自分を良く見せようとしているから。そう思ってからは、日常の中から少しずつ自分を変化させることを試みている。…と書いてみると嫌になっちゃうくらい大げさだが、大それたことをしてるわけじゃない。「どうしてこの選択をするのか」「どうしてこれが良いと思ったのか」目的をはっきりさせて行動する(ように心がけている)。例えば、華奢な体型になりたいから、夜ご飯はささみ中心の献立にしよう…とそんな小さな具合。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』で運命に振り回され、道で泣きはらしていた七海は、物語の最後、自らの意思で人生を歩き始める。きっと、彼女はこれから新しい運命に自ら挑戦していくんだろうな。日当たりの良いベランダから未来を見る七海のような晴れやかな笑顔で明日に臨めるように、今できることから進みたい。

POSTED

2021-01-10

CATEGORY

essay