article_image
essay

1つの人生しか生きられないなら、せめて、物語に触れられないだろうか

SHARE:
URLをコピーしました

朝のアラームが鳴って無の中から無理やり目をこじ開けたなら、働かない頭でスマートフォンを手にとり、SNSを眺めることが日課になっていた。顔認証でスマートフォンを立ち上げ、指が自動的にSNSのアイコンを探り、文字を追う。自分の眠っていた間に交わされた面白いおしゃべりを見逃さないように、投稿をじっとりと遡ってゆく。知り合いたちの会話の応酬に、参戦したい気持ちもあれど、時間が経ったそのやりとりを無理やり蒸し返すのも野暮な気がして、じっとりとした気持ちを残しつつ、とめどなく続いてゆく文字列を眺めていた。



SNSでは、 高齢男性がスーパーの惣菜売り場で母親に「ポテトサラダくらい作ったらどうだ」と声をかけたことが話題になっていた。リプライに並ぶのは、母子をかばった投稿者への賛同の声だったが、中には「老害」「芋が喉に詰まれ」などと男性への心ない言葉も散見された。もちろん、投稿者の女性に共感するが故の言動だと思うし、実のところ私だって余計なお世話、といら立ちを感じる。…でも、そこまで言うべき?

ふと思う。私たちはアップデートされた最新のモラルという正しさを盾に、まだアップデートされていない価値観を徹底的に叩いてしまっていないかと。責任もなく、相手のことを考えない言葉を吐いていやしないかと。




思い出したのは、円城塔作の『リスを実装する』という小説。ロボット工業が進み、掃除や運転、受付業務などの仕事がすべて「自動化」された未来。主人公は高卒で清掃員として働くが数年で自動掃除機に替わられてしまう。次の職も、そのまた次の職も、就いて数年後には、ロボットや機械によって奪われてしまい、自動化の波に追われるように職を転々とする。ついには、やっと手にした長距離トラックドライバーの仕事も手放すことに。

「機械よりも自分の方がうまく運転できると考えるなんて傲慢だ、とされた。手動運転は不道徳ということだ」

なんの気ない主人公の回想のセリフがあたまに蘇って、考えた。私たちの持つ正しい価値観は、そのときに生きている社会の状況によって作られているのかもしれない、と。技術の革新とそれに伴う生活様式によって、社会の価値観が目まぐるしくアップデートされてしまう『リスを実装する』のように。私たちが持ち合わせてきた価値観だって、きっと社会の変動とともに変わってしまう。価値観の更新の頻度や角度が激しくなればなるほど、皆が皆、それについていけるわけじゃないはず。



以前、大学の講義にてこんな話を聞いたことがある。人間は、”先験的想像力”を持っている、と。簡単に言えば、過去・現在の事柄から未来や手に届かない世界のことを「〜かもしれない」と想像する力。自分や家族の生存に関することしか考えることができない獣に対して、人は自分の日常から離れたことまで想像できる。自分と関係のないニュースを見て涙することもできるし、地球の未来を思ってエアコンの設定温度を上げることもできる。

SNSでのコメントは、「最新のモラル」という“正義”の大義名分を振りかざし、「〜かもしれない」想像を諦めてしまったようにも見える。例えば、かの高齢男性は、「女性は家を守るもの」のような社会の古い価値観を引きずってきて、昨今の急速な価値観のアップデートに追いつけていないのかもしれない。私たちも、たった数年で背負ってきた価値観をアップデートできるだろうか。



どう足掻いても1つの人生しか生きられない私たちは、せめて、もっと物語に触れられないだろうか。物語にはいろんな「〜かもしれない」が散りばめられている。主婦・学生・金持ち・社会的弱者・権力者…。さまざまな登場人物の視点に触れることで、自分の経験しない人生と見方に出会える。物語の登場人物の言葉や態度のうしろ側に、苦悩と葛藤が見える。物語のなかでいろんな人に出会い、どんな人にも背負ってきたものがあると分かった時、私は、責任のとれない強い言葉を誰かに向けられなくなった。

インターネットという力で、距離の制限を超えて高速で出会える私たち。その広がりの可能性を楽しみつつも、画面の向こうを「〜かもしれない」と想像することで、お互いにもっと優しく語り合えると思うのだ。もちろん、自戒を込めて。

MAKING

インタビューや撮影のオフショットをインスタで公開中!

POSTED

2020-09-05

CATEGORY

essay