(h)ours一覧へ
hours

Takumi Inoue

MIKKEと“吸うお茶”OCHILLの代表取締役。リバ邸やいわしくらぶの取締役。コワーキングスペース「ChatBase」やwebマガジン「KOMOREBI」のプロデューサー。「ハコニワ」というホテルレーベルでホテル作ったりもしてます。「小杉湯」や「元映画館」のブランディングなども。

Articles

Takumi Inoue の記事
thumbnail

「わたしに読む交換日記」

これは、様々な2人による連載。パートナーへの問いかけではなく、それぞれが感じていたことを記していく交換日記。人生におけるパートナーと言われる2人には、どんな ”はじまり” があったのだろう。
news/2020-06-15
thumbnail

いつだって僕らは、無いなりに必死で、楽しくやってきた。SEIKAとTAKUMAとRANDEBOO(ランデブー)

”ネオ アパレルブランド”と注目される「RANDEBOO(ランデブー)」を二人三脚で形づくってきた、SEIKAとTAKUMAの不恰好で愉快なあの頃について
interview/2020-04-19
thumbnail

毒にも薬にもなって、どうしようもなく愛おしい:映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」“大人は深呼吸に高い金払ってるだけ。”

映画、音楽、小説…思い入れのある作品にはいつだって忘れられない言葉がある。言葉が好きすぎる女優イトウハルヒがみつけた言葉と作品をお届けするエッセイ。
essay/2020-04-12
thumbnail

服を編む脚本家・赤澤える 彼女と母の物語

「LEBECCA boutique」を手がける赤澤える。彼女の実体験から生み出されるオリジナルアイテムは、多くの支持を集めてきた。そんな彼女のはじまりは、「ぜったいに追いつけない」と語る母との思い出のなかにある。
interview/2020-04-05
thumbnail

「いまはつくる文化をつくってる」映像で遊ぶ“愉快犯” YP、創作の原点

MIYAVI・KREVA・三浦大知「Rain Dance」、水溜りボンド・カンタ 「猿でもわかる」、「純猥談」などを手がけてきたYPの原点
interview/2020-03-23
thumbnail

いつだって、不遇こそエンターテイメント。マール・コウサカが歩んだ「foufou」な日々

女の子の心をわしづかみにする「ギュンカワ」な服たちを丁寧に届けるブランド「foufou(ふーふー)」。いまや新商品が発表されるとすぐに完売してしまうほどの人気ブランドだけれど、デザイナーのマール・コウサカは、意外なほどミーハーな性格だ。
interview/2020-03-08
thumbnail

さようなら半さん、こんにちは半田悠人。ミスター・パーフェクトはもういない

『テラスハウス』に出演し、“半さん”の愛称で親しまれた半田悠人。ミスター・パーフェクトと呼ばれるほど、その立ち振る舞いは視聴者を魅了した。しかしその実は違う。
interview/2020-03-01
thumbnail

100万回再生も「できそうなこと」を積み重ねただけ ––山下歩、7年間の軌跡

2012年、鳥取から大学進学で上京して2年が経った山下歩は焦っていた。自分の表現したい音楽がどこにあるのか、ずっと見つからなかったからだ。
interview/2020-02-16