(h)ours一覧へ
hours

早川大輝

フリーランスの編集・ライター。日常的にメモを残すのが癖で、淡々と何かを記録することが好き。テレビドラマ観賞が中心の生活。「本日の餃子情報です」(https://gyoza.today/)というメディアをやっています。

Articles

早川大輝 の記事
thumbnail

普通ってなんなんですか

 
Column/2021-04-12
thumbnail

ホットドッグ屋は、仲間と一緒にいるための言い訳。ダンサー・セイジュの原点と“これから”

誰かとの出会いが、何かのはじまりとなっている。そんなことが世の中にはたくさんあるのかもしれない。これは、セイジュがシン、ジロウ、ズーヤ、コウヘイ、キョウヘイの5人と出会い、繋がり、SPELL’sがはじまるまでの物語。
interview/2021-03-28
thumbnail

アム・アイ・レディ?運命に飲み込まれる準備はできているか

essay/2021-01-10
thumbnail

クローゼットには、友達との思い出が浮かぶ服ばかり並んでいるーーライター・三浦希

あの日のあのときに着ていた思い出の服、いつか着てみたい未来の勝負服、今の自分の象徴のような服。クローゼットには、過去や現在、未来の自分の想いが服という形で存在し、それぞれに持ち主の個人的な思い出やこだわりがにじむ。自分が他人からどう見られたいのか、どんな人間になりたいのか、何を大切にしているのか。そうした心のありようを俯瞰的に見ることができるのが、クローゼットなのかもしれない。
interview/2020-10-07
thumbnail

1つの人生しか生きられないなら、せめて、物語に触れられないだろうか

 
essay/2020-09-05
thumbnail

「問題ない」といいながら、「問題ばかり」な私たち

 沸き上がっていくるいらいらをどうにか飼い慣らして、「問題ない」顔に戻ろうと躍起になっているとき、ふと、ある言葉が頭をよぎった。 あれ、なんだったっけ、この言葉。
essay/2020-06-23
thumbnail

映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」“大人は深呼吸に高い金払ってるだけ。”

映画、音楽、小説…思い入れのある作品にはいつだって忘れられない言葉がある。言葉が好きすぎる女優イトウハルヒがみつけた言葉と作品をお届けするエッセイ。
essay/2020-04-12